読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃちぶろ

20代女SEの社畜にささげるブログです。私も社畜です。たまに個人的なものづくりや社畜のための仕事、社畜の為のレシピ情報をまとめます。

【キャリア】海外に関わる仕事について【転職時に重視すべき2つの軸とは?】

キャリア

どうも、しゃち子です!

本日も我が友人のうちの一人からキャリアに関する話を聞いてきたのでまとめておきたいと思います。今回はIT企業を退職後、転職を叶えた友人のお話です。今回は男性でいい仮名が思いつかないのでQ太郎とでもしておきましょう。

 

  • 海外営業サポートへ転職した友達の話

今回のQ太郎さんは、元々IT企業でSEとして働いていました。お察しかと思いますが社畜です。やはり彼も3年目を過ぎたあたりから、仕事にやりがいを感じられず激務のまま働き続ける事に疑問を感じるようになったそうです。

元々彼は大学時代語学を専攻しており、海外と関わることが出来る仕事に興味があったそうです。現在の仕事でも関わることはまれにありましたが、思うようなITの技術が身につかず、自分はITという仕事そのものに合っていないと感じていました。

結果、そのような状態で働きストレスを感じるならば、せめて好きな事に関わりストレスを感じているほうが100倍マシだ!!という心境に至った次第ということでした。

 

現在彼は、いくつかの転職エージェントを利用し転職を成功させました。今はまだ前職からステップアップした職種ではないため、年収はダウンしたそうですが満足度は非常に高いそうです。

実際彼に会ってきましたが、前職では死に掛けた魚のような目をしていましたが、その目には生き生きとした輝きが戻っていましたwやはり好きだった海外に関わり、語学を生かすことができるため、仕事にやりがいを感じ転職結果には満足しているそうです。

 

  • 転職時に重視すべき3つの軸

さて、今回Q太郎さん(忘れてた)はめでたく転職を成功させましたが、転職を考えるにあたり良いことを教えてくれました。色々な意見はあると思いますが、今回は3つにまとめてみたいと思います。

1.自分が一番大切にしたい事は何か?

Q太郎さんでいうと、「海外に関わることが出来る」でしょうか。人によっては「プライベートを大切にしたい」「Webデザインに関わりたい」「手取り20万以上じゃないとイヤ」等々…色々な視点があると思います。転職エージェントを利用すると、経歴や個人の履歴を確認し、多くの情報や提案を受けることになります。

コレだけは譲れない!という軸をまず一つ持っておくと、数多くの企業の情報や転職情報に惑わされる事を減らせると思います。

Q太郎さんの失敗談として、彼が転職活動を始めて間もない頃、彼にはまだこの軸がはっきりしていませんでした。結果、転職エージェントの持ってくる情報(経歴からIT関連ばっかり提案されたそうです)を次から次へと受けてしまい、1ヶ月ほど無駄にした…と言っていましたw

 

2.自分がやりたくない事は何か?

お察しの通りQ太郎さんの場合はIT関連の仕事ですwアレルギーみたいになってるみたいですw1のように好きな事で転職先を絞り込むと同時に、絶対にやりたくない事も1つあると転職の成功率が上がると考えられます。あまりにたくさんあると転職先を狭めてしまいますので、転職先を絞り込む際の1つの指標としてまず1つあればよいかと思います。

 

  • 最後に

やはり好きな仕事をしている人の話を聞くと、夢が広がりますね…!ちなみにしゃち子の夢はその道の職人になること宝くじを当てることです。

「好きなことを仕事にする」ということはメリット・デメリットあり賛否両論あるテーマですが、どちらの意見も聞いてよ~く自分自身考えないといけないですね。

また体験談を聞いたら記事を追加していきたいと思います。それではまた~!